不動産の賃料収入は購入価格以上の収益を見込めますがリスクも

 不動産の賃料収入を得て生活する方法は、財テクをするうえで有効といえます。サラリーマンなど自分の仕事を持っている人の副業として不動産投資をすることのメリットについては、比較的安定した収入を得ることができやすいことがあります。そのため、近年では不動産投資をする人が若い世代の間でも増えてきています。
 どうやって収入を得るかというと、最初に投資用の不動産物件を購入しておきます。次に、そこに住む人を募集します。住む人が決まれば、その人が毎月支払う賃料などを収入にします。投資用の物件に住む人が多ければ多いほど収入を得やすいという性質を持ちます。

 もし投資用の不動産をローンを組んで購入した場合においては、借りた購入価格を賃料収入などで返済していく形となります。これを不動産投資ローンと呼びます。ローンで借りる場合は借金が返済し終わってからであれば、貴重な収入源となりやすくなります。この場合に大事なことは、いかに効率良く賃料収入を得るようにできるかということです。
 不動産物件のオーナーとして収入を得る場合に必要なことは色々あります。

 まず、そのことで生じてしまうリスクについていかに把握しておいてそれをメリットにも変えたりあるいはトラブルになる要素を最大限抑えられるかということになります。
 投資用の物件を購入することは、購入価格以上の収益を得やすい代わりに色々なリスクとも向き合うことになります。

 不動産投資を行う上で発生するリスクは、まず投資目的で購入したマンション物件に人が来ないで空室のままの場合には当然ながら賃料収入が入ってきません。この場合、空室のときにもサポートしてくれる制度を導入している企業もありますのでしっかりと活用していくことがリスク回避には重要といえます。

 ただ、その場合においても空室になってしまう可能性をどうすれば最大限減らすことができるかが不動産投資においては何よりも重要なことといえるでしょう。
 購入価格以上の収益を見込むためには、最初に物件選びが最も重要といえます。収益を見込みやすい不動産物件を選んでおき、それから来てくれる人のニーズに合わせておくことは有効です。
 逆に書くと、どんなに立派な投資用の物件を購入したとしてもその物件が希望する人のニーズに合っていないと賃料収入を期待することは難しいです。投資した不動産物件の金額がいくらになってかえってくるのかをきちんと分析しておく事が成功の近道です。

 とはいえ初心者の人で賃料収入を得たいと願い、そして購入価格以上の収益を得ることは独学ではなかなか難しい面があります。そこで、良い不動産業者選びを探すことが第一にやるべきことといえます。
 不動産業者をどうやって選べば満足が行きやすいかについては、まず取り扱っている物件に良いと思える情報が多いところを選ぶと良いでしょう。次に、できれば大手の実績と信頼性があるところのほうがより詳しく初心者でも理解できるように情報を提供してくれます。不動産会社にも得意としている分野や苦手な分野がありますので把握しておきます。
 最も重要なこととしては、物件の保証やサポートが充実している企業を選ぶことで安心を得ることが可能です。
 不動産の業者選びをするときには、できるだけ多くの企業から話を聞くようにすると良いでしょう。その理由は、多くの場合投資をするのは一生のうちそれほどない大きな買い物といえますので慎重に業者を見極めておくことが求められるためです。
 信頼される業者かどうかを見極めるときのポイントとしては、長期間の資金運用に対する性格で誠実なアドバイスをしてくれるかどうかという点は非常に重要です。そして、アドバイスのときに誠実かどうかは態度で出やすいです。

 リスクについてもきちんと説明してくれる業者であるかも、信頼を築き上げるうえで重要といえます。長期的に物件のオーナーとして経営していくわけですので、起こり得る可能性についてはできるだけ把握して対処できるようにしたほうがよいといえます。そのため、メリットもデメリットもきちんと伝えてくれる業者が信頼されやすい業者です。
 リスク管理についてのポイントとしては、まずできれば自己資金については充分に用意しておくようにしておきましょう。それから、不動産投資ローンについてはできれば使用しないほうが望ましいです。
 ローンの利用については、確実に購入価格以上の収益を見込む物件であるかほかの資産運用において実績がある人であればリスクの分散をする意味でローンを利用するという方法もあります。しかし、リスクをできるだけ回避したいのであれば、取り組む必要性はありません。特に、投資の初心者がローンをただ購入して不動産投資を行うことはトラブルにもつながりやすいため行わないようにした方が良いでしょう。
 不動産投資を行う上で、購入価格以上の利益率がどのくらいあるかを計るための数値を利回りと呼びます。利回りの数値が大きいほど、購入価格以上の収益を見込むことはできます。ただ、この利回り率は時間とともに変動していくものですので、将来性についても見極めておく事も重要です。
 税金に関する対策も、不動産投資をする上では必須といえます。例えば消費税の増税なども加えた将来設計を立てておくことは、将来の税収減にも対応しやすいでしょう。
 固定資産税は収益に関わらず課税の対象になりますので、注意しましょう。所得税や住民税については収益次第です。管理費については、家賃の3%から5%程度を支払うことになります。このあたりは住む人にしっかりと説明するようにします。突発的に発生する費用については、築年数が経過するほど修繕の対象となりやすいためこの点も想定しておきます。
 物件選びに関するポイントとしては、できれば都会のマンションよりも学生向けの郊外のマンション物件などのほうが回転率が速いメリットがあるため収益率を得やすいです。また、個人向けよりもファミリー向けの物件も安定した収入を得やすいことがいえます。都会のマンション物件を不動産投資物件とする場合は、駅から近い物件で人が集まりやすいエリアや利便性などが考慮されることになりますので覚えておきましょう。
 ただ、最も物件選びで重要なことは購入する不動産物件が自分が求めている投資用物件であるかどうかです。
 物件管理については、定期的なメンテナンスは考慮しておく必要があります。ただ古いマンション物件でも、メンテナンスがしっかりとしていれば気にせず入ってくれますのでそこまで心配はありません。築年数についてはあくまでも目安であり、劣化などに対処できる資金を用意しておくことは信頼されるオーナーになるためには必須です。
 万が一のリスクとしては、災害や事件などに巻き込まれてしまう可能性も考えられます。そのため、火災保険については必ず加入するようにしておきましょう。 
 最後に、もしもリスクと向き合うという覚悟を持っていないのであれば不動産投資についてはしないほうが良いです。投資をするのであれば、ある程度の保証やサポートが期待できる制度を活用するなどをして入念に対策しておくことは必須です。そして短期計画・中期計画・長期計画の3つが確立しているのであれば、不動産投資は成功しやすい貯蓄術となるでしょう。
 オーナーとなる人と不動産業者との間でしっかりとした体制を築き上げ、信頼できるチームとなることが求められます。