区分マンション?それとも一棟?不動産投資におけるそれぞれのメリット

不動産投資では、マンションに投資を行うことが圧倒的に多いですが、区分マンションと一棟建ての選択肢があります。不動産投資を始めた頃は大きなお金を用意できないことから、自ずと区分マンションを選択することになりますが、ビジネスとしてある程度大きくなると、区分マンションを数カ所に分散するのが良いのか、思い切って一棟立てを購入するのが良いのかと悩むところです。しかしタイミングや個々の物件の条件が重要であるのは変わりはありません。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
デザイナーズ賃貸物件について

区分マンションのメリットは、何と言っても単価が安いことです。中古マンションであればファミリー向け物件でも1000万円以下の価格の販売されている物件がありますし、個人でも都市部で不動産経営をすることができます。賃料収入だけでなく、キャピタルゲインを考えても、必要に応じて売却し、次の物件を購入することが一棟建てよりも容易にできます。中古マンションの場合は長期で経営をし続けることが正解とは限りません。資産を多数の物件に分散できることはリスクヘッジの効果があります。また、それぞれ別の場所に物件があるので天災で価値が大幅に毀損することもありません。管理についても、あくまで所有部分だけの責任になりますので、物件によりマンションの自治会に参加する必要がありますが、共有部分については管理の必要がありません。

一棟建て物件については、初期投資に莫大なお金がかかるものの、収益力の点では区分マンションとは比較になりません。まとめ買い、というと語弊があるのかもしれませんが、一部屋あたりの金額はかなり安くなります。想定利回りについても高くなり、投資金額の回収も早くなります。管理についても、区分マンションではあくまでも一部屋分の議決権しかありませんが、一棟建ての場合は建て替えや大規模改修の時期、ペットの飼育、共有部分についても全てが自分の判断になります。不動産投資は商売とも言えますので、自分で判断できる部分が多いことは大きなメリットと言えるでしょう。入居者募集についても、一棟全ての部屋で入居者がいなくなることは考えにくく、賃料の安定性についてもこちらの方が有利になります。しかし悪い噂が広まったり、天災でダメージを受けると資産の大きな部分が毀損するリスクがあります。不動産業を行う者としては一つのマンションを全て所有していることにロマンを感じるものではありますが…。