相続税対策のための不動産投資のリスク

相続税対策として、不動産投資を行う人は多くいるかと思います。現在は、過去より相続税が厳しくなっていまして、普通の人でも相続税がかかってしまうことがあるでしょう。そのために、不動産投資が出てくるわけですが、どうしてこれが相続税対策になるかというと不動産にすると相続するときの資産価値を現金よりは少なく見てくれるメリットがあります。
従って、相続する金額全体が下がりますのでその分だけ相続税を払わなくてよくなります。また、相続税を払うことになってもそれだけ総額が減れば相続税を払う金額が減ることになります。
しかしながら、この不動案投資のはリスクも多くあります。最大のリスクはせっかく作ったアパートが空き室になることが上げられるでしょう。当初は、いくらぐらいの利回りになるかとか考える人も多くいるでしょうが、これは空き室がない条件での利回りになります。部屋が埋まっていないとそれだけ利回りを下回ってしまう可能性があります。
それどころか一部ローンなどを組んでいたりしたらその分のお金も払うことができなくなったりする可能性もあるでしょう。そのため、この空き室のリスクはかなり大きいといえるでしょう。また、基本的には2年に1回更新になりますが、その時に更新しない人も多くいます。
そのときに、しっかりとした営業を行う必要があります。本人が元気なうちは問題ありませんが、元気がなくなったときは、このような営業対策をできなくなることによりこの部屋が空いてしまうという問題もあるかもしれません。
また、現在この不動産投資は色々な方がされており、競争が激しくなっています。多くのアパートが作られているのでこの空室になってしまう可能性が徐々に高まってきているといえるでしょう。
従って、このような状況ですのでどのような場所に作るかは非常に重要なことになります。不動産の値段をつけるのは同じようなアパートであれば一番重要なのは立地になります。この立地次第で大きく値段が変わってきてしまいます。
そして、次の対策としては今の人気の物件にすることになるでしょう。風呂・トイレ別が重要だったりするのもありますし、セキュリティが高いことが重要な場合もあります。場所によって重要なものが違ったりもしますので、そのへんの対応も必要になるでしょう。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
デザイナーズ物件の賃貸情報はルームピアがおすすめ

このように、不動産投資にはリスクもありますが、相続税対策としてはもっとも有効なものになります。相続税対策として考えるなら利益は上げないでもいいという考え方もありますので、確実な投資として行っていくべきでしょう。