新築マンションを不動産投資の対象にするメリット

不動産投資の対象になるのは土地や建物など様々な物があります。その中でも新築マンションを投資対象とする投資家は少なくありません。新築マンションに投資した時のメリットはいくつもありますが、まずは新築であるために耐用年数が長いので長期的な運用ができる点です。鉄筋コンクリート造のマンションだと特に耐用年数が長いので、長期間の投資が可能です。新築であると中古と比べて購入価格は高くなりますが、運用期間が長いだけでなく修繕費が必要になるまでにある程度猶予があるのもメリットです。また中古と比べると自己資金の投入が少なくても融資を受けられる事が多いので、多く資産を持っている投資家でなくても投資しやすいです。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
意外と複雑で難しい・・・。不動産の売買で生じる「売却益」の計算方法

マンション投資で利益を得る方法は賃貸として貸し出すだけではありません。一度購入したマンションをその後売却してその差額で利益を得る事も可能です。当初は賃貸として長期的に運用するつもりで購入してマンションが都市の開発や人口の増加で相場が上がっていき売却しても利益が出る状況になって急遽売却するという事も可能性としてあり得ます。その時も中古で既に築年数が10年や20年経過しているマンションを購入してその後さらに10年や20年運用していく内に地価が高騰してもマンションの経年劣化でそれほど価値がないと判断される事も考えられます。そのため運用していく中で売却する機会を活かしやすいという意味でも新築マンションへの不動産投資はメリットがあります。また新築マンションへの不動産投資の方が税制上のメリットも大きいので、長期で運用する場合もある程度期間で売却する場合にも有利です。

マンションを運用するのに管理業務を自ら行う事が難しい時は管理会社に委託して代行してもらうのが一般的です。管理業務の委託契約にはサブリース契約という管理会社が借り上げる形で管理してオーナーには一定の賃料が支払われる契約があります。一定の賃料を空室率に関係なく支払ってもらえるという事は家賃の保証をしてもらえる契約でもあります。しかしサブリース契約はどんな物件でもオーナーが希望すればできる訳ではありません。管理会社が審査をしてサブリース契約に適していないと判断されれば委託契約はできません。中古のマンションと比べると新築マンションは空室保証のあるサブリース契約を管理会社と結びやすいので、管理会社を利用するつもりの場合には新築の方がメリットがあります。