不動産投資における新築物件、中古物件それぞれのメリット

新しく不動産投資を始めるには物件の購入が必要です。土地に関しては老朽化することなく使用できますが、建物はおよそ30年~40年で建て替えの必要が生じてきます。建て替え以外でも、大規模なものでない改修を含めると数年に一回のペースで建物に対する費用が生じます。不動産投資を始める段階で、何年後に投資を終了するか、次の世代に受け継ぐかなど、ライフスタイルに合わせた出口戦略を考えましょう。それにより、購入する物件の築年数や条件が異なってきます。一棟売りの不動産物件では、建て替えの際に土地の費用が必要なくなることから、世代を超えた不動産投資では非常に有利になるでしょう。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
いいデザイナーズ物件を探す秘訣は仲介する営業マンの力量を見極めること

新築物件のメリットは、建て替えの時期まで少なくとも30年以上あるということです。不動産投資を始める段階で概ね50代以上であれば、生涯にわたって同じ建物で収入を出し続けてくれます。また新築物件は人気が高く、周辺の同程度の物件よりも高い賃料設定が可能です。新築の時期の入居者は重要な存在で、場合によっては築年数が経過した後も高い家賃を払い続けてくれるかも知れません。新築のプレミアムがありますので、表面利回りは低くなりますが、入居者が入りやすいことから融資を受ける際も話が進みやすいです。

中古物件は、非常に選択肢が広いことがメリットです。不動産投資用でも、居住目的でも、多くの物件が市場に出回っています。中古物件は新築のプレミアムが無いことから、築浅物件でも安く購入することができます。ただし、新築後数年以内に前のオーナーが売却した理由はしっかりと確認しておくべきですが…。短期間で不動産投資を終了させることが確定している場合は、中古物件の持つ利回りの高さを効率よく享受することができます。中には表面利回りが10%近い物件もあり、入居者がいる状態で購入できるものもあるほどです。また、物件価格の値下がりは新築からの数年間に比べて緩やかになります。新築と築5年では大きな差がありますが、築30年と35年では実際は殆ど値段が変わりません。地価の上昇など、不動産価格全体が上昇することがあれば、短期間の運用の場合は購入時と変わらない値段で売却できる可能性もあります。一つの物件と長く付き合う新築物件とは投資の方針が全く異なり、高い利回りを持つ数年間を利用するという形です。効率が良い反面、新築以上に物件を見る目が必要になるでしょう。