メリットがある不動産投資はアパート経営

頭金なしでもできる不動産投資というのが最近のサラリーマンのサイドビジネスとして一目置かれてます。入居者の家賃収入からアパートのローンを支払うことが容易であるというメリットがありますね。アパート経営は不動産投資としてとても有利なのです。マンション一室を維持していても一人からの家賃収入しか得られません。アパートであれば数部屋から家賃収入を得ることができますので、ローンが払えないということが少ないのです。

たばこ、お酒、車などは若手離れが目立ってます。若手は生活費以外の内訳としてスマートフォンの維持費やインターネット回線などを固定費として給与から使ってます。また、結婚や子育てを人生設計に入れてない人が増えており、老後は介護センターに入居すれば良いという考えです。このような時代背景を踏まえ、不動産業界の将来を考えてみましょう。一戸建てやマンションを買う年代はどの辺でしょうか。購入年齢は40代以降が目立ってます。30代以下は不動産を購入する意識が弱くなってるのです。老後の介護センターへの入居までの間は親が残した家に住む以外は賃貸アパートに入居することになります。よって不動産投資は一戸建てやマンションよりも入居率が高いアパート経営のほうがはるかにメリットが多いということです。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
売買契約書の基本用語?「融資特約(ローン特約)」と「契約解除」について

投資額を考えるとマンションよりも高額になるのですが、一生涯のことを考えるとまったく損ではありません。マンションは築年数が進むと修繕費がかかりますし、終いには物件として役に立たなくなりますが、アパートであれば建物が古くなっても土地が残りますので有効活用できます。しかもその土地の購入額も入居者が毎月払ってくれる家賃でまかなえてるのでメリットが多いです。家賃滞納者のことを考えると、家賃の支払いを管理会社に任せる方法があります。支払いが滞納すると管理会社から督促が行き、連帯保証人へ連絡をするので家賃滞納がほとんどありません。不動産投資家のほとんどが管理会社に任せてます。高齢化が一段落し、若手メインの時代になると不動産投資はかなり活況になることが予測されますので、早いうちに購入するほうが賢い投資術です。一度バブル崩壊を経験してる日本経済はよほどのことが無い限り同じことを繰り返しません。以前のようにいつかまた土地価格が暴落するなんてことは期待できませんので、良い物件があれば迷わず購入して経営してみましょう。