不動産投資のメリットとは!

不動産投資とは、収入目的で不動産(土地・建物等)を購入して、賃貸物件として貸し出すことを言います。
不動産投資で利益を得る方法は、概ね家賃収入です。
1棟10部屋のマンションとして、家賃が5万円であれば、毎月50万円の収入が見込めます。
所有する不動産の価格が上昇すれば売却して利益を得る方法もあります。
周辺環境の開発が進み、好立地に転換すれば、土地の公定価格が上昇し、マンションの価値も上昇します。
一般的には家賃収入目的でマンション経営をする人が多いでしょう。

マンション投資をする大きなメリットは安定した所得が長期で得られる点と節税対策が可能という点があります。
不動産経営の問題としてある空室リスクやランニングコストが嵩むことによる年間収支が赤字計上となった場合、損益通算が可能で税還付が受けられます。
所得税が少なく成れば、市県民税も減額されます。
ランニングコストには修繕積立費も認められるため、有効的な積み立てと修繕が可能となります。
一方で、不動産投資にはデメリットも存在します。
不動産投資のデメリットは経営リスクです。
直接的なリスクには空室リスク、家賃滞納リスク、家賃の下落リスクがあります。
間接的なリスクには金利上昇リスクや管理会社の倒産リスクがあります。
これらのリスクを予め十分に理解して計画を立てれば、リスクを織り込んだマンション投資が可能となるでしょう。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
デザイナーズマンションの賃貸情報はルームピア

投資を考える際にイメージするのは収益です。
何もマンション投資ばかりでなく金融商品でも同様ですが、何らかの事柄に資金を投じれば必ずリスクは存在します。
リスクのないことはリターンが少ないです。
人はお金を投じる際にベネフィットを大きく考えて、リスクを嫌います。
マンションの経営を始めるには莫大な資金が必要になり、それはオーナーのリスクとして肩に乗ってきます。
しかしながら他の金融商品と異なり、土地や建物が担保となるため、金融機関によるローンを利用しやすいメリットがあります。
借入割合が多ければ、自己資金が少なくても物件購入が可能です。
返済中に高く売却できれば、利ザヤが稼げますし、節税効果を上手く利用して貯蓄に回すこともできます。
最初に十分にリスクを理解すれば、マンション経営で得るベネフィットは期待できます。
マンション経営でもっとも重要になるのは、最初の計画であり、この問題さえ押さえておけば長期的な利益が高くなるでしょう。