不動産投資で物件を売却!直接買取のメリットとは?

不動産投資では、いつかは物件を売却するタイミングがやってきます。投資用不動産を売却する時、基本的には不動産会社に仲介をお願いして売りに出すことでしょう。なぜなら、仲介をお願いして売りに出したほうが、相場通りの値段で売れる可能性が高いからです。

もう1つの方法として、業者に直接買取をしてもらうという方法があります。業者に直接買取をしてもらうと、相場の8割くらいの値段になってしまうので、大きな損をしてしまいます。しかし、即時に買取をしてもらうことができるので、最短で2日~3日くらいで現金を手に入れることができるというメリットもあります。業者によって買取価格は異なるので、複数の業者に見積もりをとってもらい、しっかりと比較をしておきましょう。

不動産投資ローンを組んでいる人は、利息の負担がかかりつづけます。すぐに現金を手に入れて、ローンを完済してしまえば、それ以後は利息がかからなくなるというメリットがあります。仲介を依頼して売りに出しても、相場通りの価格をつけているはずなのに1年が経過しても売れないということもよくあります。空き室が多いマンションなどの場合には、収入よりも維持費・管理コストのほうがかかってしまうということもあるでしょう。すぐに売却をしてしまうことで、それ以後は維持費・管理コストがかからなくなります。

建物の場合、経年劣化による価値の低下があることは見逃せないポイントです。売却をするために時間がかかりすぎて、築年数が19年から20年になってしまったら、さらに価値が低下して、売れにくくなってしまうかもしれません。

不動産会社に仲介を依頼した場合には、仲介手数料がかかります。直接買取をしてもらえば、この仲介手数料はかかりません。これも大きなメリットです。

不動産投資をしている人は、競売物件について考えたことがあるかもしれません。競売物件ではローンが利用できませんが、相場の5割くらいの格安価格で物件を購入できることもあります。逆に言えば、競売になってしまうと5割くらいの格安価格で売られてしまう可能性があるということです。不動産投資ローンの返済に困っている人は、競売になる前に直接買取をしてもらったほうがメリットが出る可能性が高いでしょう。

お金の価値というのは、時間軸によって変わってきます。直接買取をしてもらってすぐに現金5千万円が手に入ったとします。仲介を依頼すれば1年後に6千万円で売れるとするなら、仲介を依頼したほうが得であると多くの人は考えるでしょう。しかし、すぐに5千万円の現金を手に入れて、資産運用・投資を行って1年後に1億円まで増やせたなら、すぐに現金を手に入れたほうが得をします。

不動産投資は誰でもできる!?その理由をこちらでご説明します
デザイナーズ物件の売却は「季節」や「時期」で売値が変わってくるのか?