不動産投資で物件を購入しよう

将来の為に投資を始めようと考えたら、不動産投資に挑戦してみると良いです。不動産投資とは、建物や土地を購入して、様々な活用方法で収入を得るというものです。例えば、マンションのオーナーになれば、入居者の数だけ家賃収入を得られます。そのマンションに住むことも出来るので、マンションに住みながら家賃収入で生活するということも考えられます。不動産の価格は高いですが、一般的なサラリーマンくらいの年収があれば、金融機関でローンを組むことができます。年収400万円くらいなら、20年ローンで1000万~1500万円借りることは可能です。ローンの支払い期間を30年以上にすれば、2000万円借りることもできます。不動産投資のやる気さえあれば、意外と簡単にオーナーになれるということです。仕事が忙しいという人でも、手数料を払えば管理会社に経営を任せることができます。管理会社は空き家対策もしてくれるのでおすすめです。

不動産投資で物件を購入する流れは、空いている建物や土地に詳しい不動産会社に相談する所から始まります。希望する条件を不動産会社に伝えることで、条件に近い物件を探してくれます。マンションやアパートを購入するなら、なるべく周辺の立地条件を重視して探したいです。立地が悪いと入居者が増えず、家賃収入も不安定になります。近くにスーパーやドラッグストアがあるか、駅から歩いてどれくらいか、周辺情報は調べておきたいポイントです。また、物件の価格が予算以内に収まるか、管理費用の見積もりなども行っておきたいです。購入時は基本的に金融機関を利用してローンを組むので、家賃収入から毎月のローン返済額と管理費用を差し引いて、黒字になる物件を探したいです。

不動産投資で購入した物件は、売却することで利益を得られることがあります。基本的に建物は古くなると老朽化して価値が減少していきます。しかし、土地の価格は需要と供給によって変動します。将来土地の価格が高くなれば、建物と土地を売却して利益を得られます。建物の売り時は、建物の購入費用を回収してからなら何時でも良いです。費用は家賃収入を20年以上得ていれば、十分に回収出来ていると考えられます。つまり、この時に建物を売れば、売却価格がそのまま利益になるということです。オーナーとして経営するのが難しい時や十分な資産を得たので静かな場所で暮らしたい時などに売却するのが良いと考えられます。不動産投資をする時は、将来設計をしっかり考えてから行動に移したいです。